「ぶんねこの会」は、東京都文京区を中心に活動するボランティアグループです。
文京区の「動物との共生社会支援事業」に連動し、平成22年に発足しました。
“人と動物とが豊かに共生する地域社会の実現”を目指し、不幸な猫を増やさないための活動や、動物の適切な終生飼育を推進する活動を、行政との協働で行っています。

 ※会計報告およびご寄付のお礼はFacebookページの「ノート」に掲載しています。

可愛い猫たちが、温かい家庭に迎えられるのを待っています。ぜひ里親になることをご検討ください。

最新情報はfacebookページから

※当会で猫の引き取りは行っておりません。ご了承ください。

当会の主な活動

1.飼い主のいない猫を増やさないためのTNR活動

文京区の事業に参画し、地域の理解を得ながらTNR(Trap, Neuter, Return) 活動を推進する。

2.地域社会に対し動物に関する問題への理解を促す活動

動物の適正な終生飼育(不適切な飼育や捨て猫・捨て犬の防止)、地域ねこへの理解などを、地域住民や社会全般に働きかける。

動物の問題による地域住民のトラブルにおいて、話し合いによる解決を行政との連携により支援する。

3.地域ねこの適正なケア、里親探しなど、動物の幸せを手助けする活動

一匹でも多くの動物が苦痛から解放され幸せに過ごせるよう、できる限りの活動を行う。

・・・できることを少しずつ・・・


Trap(捕獲)、Neuter(避妊・去勢)、Return(元の場所に戻す)の略語で、飼い主のいない猫を増やさずに共生を図る方法です。

どんな猫も、なりたくてノラ猫になったのではありません。飼い主のいない猫の問題は人間の問題です。

猫(イエネコ)はもともと、人間と共に暮らすようつくられた動物です。飼われていた猫が、人間に捨てられ、仔猫を産んで増えてしまったのです。

人間の身勝手によって、不幸に死んでいく猫が後を絶ちません。胸の痛むことですが、すべて引き取って飼うのは現実には不可能です。

そこで、ぶんねこの会では「できることを少しずつ」進めるため、地域ねこ活動(TNR)を推進しています。

飼い主のいない猫を餌付けし、捕獲。

動物病院で避妊・去勢手術。術済みの目印に、耳の先をカット。

原則として元の場所に戻し、一代限りの命を地域で見守る。

飼い主のいない猫を餌付けし、捕獲。

動物病院で避妊・去勢手術。術済みの目印に、耳の先をカット。

原則として元の場所に戻し、一代限りの命を地域で見守る。

TNRは多くの自治体で効果を上げており、文京区でも「動物との共生支援事業」として推奨しています。

避妊・去勢済みの猫は発情期が無くなり、大きな鳴き声や喧嘩が無くなります。

飼い主のいない猫を増やさず適切な管理をすることで、糞尿やゴミを荒らされる被害が無くなります。

TNRにより、飼い主のいない猫は自然と減り、人も猫も穏やかに共生していけるのです。

終生責任を持って飼いましょう。

(動物の遺棄・虐待は法律で禁じられています。)

産まれた仔猫をすべて飼えるのでなければ、避妊・去勢手術をしましょう。

(手術をすることで、性格が穏やかになったり、病気のリスクが減るなど、様々なメリットがあります。)

外に出てメス猫を妊娠させれば、不幸な猫を増やすことになります。

繁殖期に交尾できないことは、猫にとって大きなストレスです。

エサやりは決まった時間・場所で、マナーを守って行いましょう。

(エサを置きっぱなしにすると不衛生で、近所の方の迷惑になります。猫が嫌われ者になり、かえって猫を不幸にします。)

避妊・去勢手術をしましょう。

(手術をしないとどんどん増え続け、面倒を見きれなくなります。)

飼い主のいない猫の避妊・去勢費用には、文京区の助成制度があります。手続きなど、詳しくは文京保健所にお問い合わせください。

日本では年間何万匹もの猫や犬が殺処分されています。また、ノラ猫は飢えや寒さに苦しみ、交通事故や虐待により命を落とすことも少なくありません。

世の中には猫が好きな人もいれば、嫌いな人もいます。

「どちらでもない」という人も、ノラ猫の鳴き声や糞尿の被害にあえば、やはり迷惑に感じるでしょう。

「ノラ猫にエサをやらないで」という貼り紙を目にすることがありますが、猫は野生動物ではないため、エサを与えなければどこかへ行ってしまうということはなく、人間の生活圏で必死に生きようとします。

つまり、これでは問題は解決しません。

ゴミを漁り、不健康な状態で仔猫を産み続け、余計に被害が大きくなります。

※法律で猫は愛護動物と明記されており、“駆除”することはできません。動物の遺棄・虐待は犯罪として罰せられます。(動物の愛護及び管理に関する法律第44条)

◎文京区の「動物の遺棄・虐待防止啓発ポスター」ダウンロード(PDFファイル:2.15MB)

◎文京区の「動物との共生社会支援事業(TNR)パンフレット(7ページ)」ダウンロード(PDFファイル:1.70MB)

ぶんねこの会では、ルールを守ってエサやりや掃除を行い、

猫が好きな人も嫌いな人も、気持ちよく過ごせるよう、話し合いながら活動しています。

また、できる限り猫の里親さんを探し、飼い方の相談にも乗っています。

可愛い猫たちが、温かい家庭に迎えられるのを待っています。ぜひ里親になることをご検討ください。

最新情報はFacebookページから

飼い方のご相談にも応じます。

※当会は有志によるボランティアで運営し、上記にてご紹介した内容などの活動を行っています。

「猫の引き取り」は行っておりません。

文京区内での活動が中心ですが、区民に限らず、どなたでも入会できます。

年会費制(1,000円以上)。

各自が自分にできる範囲で活動しています。

詳しくはお問い合わせください。

飼い主のいない猫の医療費やエサ代、里親探しの費用に充てさせていただきます。皆さまのご支援をお願いいたします。

<振込口座>

ゆうちょ銀行 〇一八(ゼロイチハチ)支店

(普)5634153 ブンネコ

(記号:10100 番号:56341531 名義:ブンネコ)

三菱UFJ銀行 春日町支店

(普)0580023 ぶんねこの会

amazonのほしい物リストから支援物資を募集しています。

梱包などの手間なくご支援いただけます。

ご支援いただいた物資は、文京区の飼い主のいない猫たちの為に使用させて頂きます。

伝票にご依頼主の方の連絡先が記載されないため、到着のご報告をすることができません。ご面倒ですが、ご注文後にメールなどでご連絡いただけると助かります。